エプソムカップ(G3) 2021 予想

予想&結果

東京競馬場で行われる秋のG1戦線を占う重要な一戦エプソムカップ(G3、3歳以上、芝1800m)。重賞初Vを狙う良血馬アルジャンナ、かつての勢いを取り戻したいサトノフラッグ、デビュー前から話題を呼んだ6億円ホース・アドマイヤビルゴなどがエントリーしている。

本命:ザダル

今回が約6ヶ月ぶりの実戦で状態面にやや不安があるものの、実績と秘めている決め手はここでもメンバー上位。脚元に不安があり使い詰めできないタイプで、むしろ間隔を空けて一戦全力投球の方が力を出しやすいはず。東京芝1800mも本馬にはドンピシャな条件だし、今後の選択肢を増やすためにも勝ち切って賞金加算をしておきたい。

対抗:アルジャンナ

前走のマイラーズCを含めて、G2とG3では全4戦3着以内に入っており、年明け3戦目とな今回は更なる前進が見込める。東京芝1800mは、昨年の東スポ杯2歳Sで後の三冠馬コントレイルの2着に好走した得意の舞台。鞍上にC.ルメール騎手を起用してきたことからも勝負気配は高く、ここでも好勝負必至。

単穴:ファルコニア

前々走の2勝クラスでは逃げ切り、前走の3勝クラスでも3番手から押し切って2連勝と先行出来て且つ、上がりが使えるのが最大の魅力。今回がオープン入り初戦となるが、同世代の重賞では京都新聞杯3着の実績があり、能力はここでも見劣りしない。初の東京コースも難なくこなしそうだ。

☆アトミックフォース △マイラプソディ △ヤシャマル △ミラアイトーン △サトノフラッグ △シュリ