マーメイドステークス(G3) 2021 予想

予想&結果

例年伏兵馬が激走を見せる波乱必至な牝馬ハンデ重賞、マーメイドステークス(G3、3歳以上、阪神芝2000メートル)。昨年の秋華賞3着馬ソフトフルートを筆頭に、実績上位なシャドウディーヴァ、サンクテュエールなど秋のG1戦線へ弾みをつけたい高メンバーが集結した。

本命:イズジョーノキセキ〈西村淳也〉

抽選突破を経て格上挑戦となるが、阪神コースでは過去全てでメンバートップの上がりを繰り出しており、非凡なレースセンスはここでも見劣りしない。前走の京橋Sでも上がり最速で2着に好走し、今回人気の一角になりそうなソフトフルートに先着していることからも、勝ち負けできる力は十分に備わっている。

対抗:ホウオウエミーズ〈丸田恭介〉

阪神コースは未経験なものの全3勝を中山と福島で挙げており、今回の阪神2000mにも難なく対応できるはず。2勝クラスを勝ち上がって格上挑戦となるが、例年こういった伏兵馬が激走するのがこのレースの特徴でもある。牝馬同士で斤量50kgを生かして差を埋められれば重賞初Vのチャンスは十分。

単穴:ソフトフルート〈横山和生〉

昨年の秋華賞で3着に好走し、続くエリザベス女王杯でも古馬の一線級相手に0.6秒差の6着と高い素質を示しており、重賞未勝利だが能力はここでも上位クラス。意欲の東上となる新コンビ横山和生騎手を背に、秋へ繋がる好パフォーマンスを期待したい。

☆クラヴェル △アブレイズ △カセドラルベル △シャドウディーヴァ △アンドラステ △サンクテュエール △ミスニューヨーク