ユニコーンステークス(G3) 2021 予想

予想&結果

数多くのダートG1馬を輩出している出世レース・ユニコーンステークス(G3、3歳、ダート1600m)。同舞台の青竜ステークスを勝ち上がってきたゲンパチフォルツァや、ダート1600m以下では大崩れしていないレディバグ、昨年の日本2歳優駿で3着に好走したルーチェドーロなどが出走予定。

本命:ルーチェドーロ〈戸崎圭太〉

昨年の全日本2歳優駿(G1)では3着に好走し、勝ち馬アランバローズは後に東京ダービーを勝利していることからも能力はここでも上位レベル。前走の端午Sは速いペースで流れが向いた感もあるが、自ら動いていって最後まで伸び続けた末脚は中々のもの。距離延長も苦にしなさそうで、東京マイルに滅法強い母父クロフネの血も味方しそう。

対抗:プロバーティオ〈M.デムーロ〉

前々走のヒヤシンスSで2着、前走の青竜Sでも直線交わされ5着に敗れたが、勝ち馬には大きく負けておらず見せ場は十分に作れていた。マイペースで逃げればしぶとく、東京ダートマイルも本馬には合っている。芝スタートから勢いよく先行できれば、大本命不在のここで大波乱を演じる可能性は大いにある。

単穴:ラペルーズ〈C.ルメール〉

断然人気を背負った前走の青竜Sでは、スタートで後手を踏んで終始流れに乗れず11着と大敗。さらに気性面での難しさも露呈してしまい、何もかも不完全燃焼な一戦だった。地方門別で2勝を挙げ中央復帰後は、1勝クラス→ヒヤシンスSを快勝しているように持った素質は高く、まともに走れば上位争いは必至。

☆ケイアイロベージ △カレンロマチェンコ △クリーンスレイト △ゲンパチフォルツァ △ブラックアーメット