優駿牝馬 / オークス(G1) 2021 予想

予想&結果

5月23日(日)東京競馬場で行われるG1優駿牝馬(オークス)には、デビューから無傷で二冠制覇を目指す話題の白毛馬ソダシを筆頭に、ディープ×アパパネという超良血馬アカイトリノムスメ、トライアルを勝ち進んできたクールキャットなどが出走を予定している。

◎ソダシ

デビューから5戦5勝で牝馬二冠を狙う女王ソダシを本命に推したい。前評判では府中2400mのタフな距離に対応できるかが不安視されているが、陣営はデビュー前から中距離に対する適性を見出しており、幾多の活躍馬を輩出している名門厩舎が自信を持って送り出してくるところはかなり心強い。2歳時の昨年は、メイクデビュー→札幌2歳Sと1800戦を2連勝しており、どの馬も適性が定まっていないこの時期なら案外距離が持っても不思議ではない。過去のレースからもスタートや折り合いに苦労するタイプでもなく、今回も自然と好位を取れれば最後は抜け出す。

◯アカイトリノムスメ

前走の桜花賞は4着だったが、初の関西圏でのレースに加えて右回りも初だった。それで勝ち馬ソダシに0.2秒差なら上々の内容と言えるだろう。今回は3戦3勝の東京コースに戻り、ディープインパクト×キングカメハメハの血統背景からも距離延長はプラス材料になるはず。父、母、母父が3歳時に伝説を残したこの舞台で、本馬も鞍上に心強いリーディングジョッキーを新たに迎え、打倒女王を目指してどんなパフォーマンスを見せてくれるか注目したい。

▲タガノパッション

桜花賞から参戦する王道路線を歩んできたソダシとアカイトリノムスメに対抗しそうなのは、追加登録料を払って挑むタガノパッションだろう。前走のスイートピーSは先行馬が果敢に飛ばして流れが向いた感もあるが、道中はしっかり折り合い終いの伸び脚は素晴らしかった。この中間は岩田康誠騎手が付きっきりで調教に跨っており陣営の本気度が伝わる。何より、キングカメハメハ×シンボリクリスエス、祖母のキャッチザゴールドはステイゴールドの全妹という消耗戦に強い血統背景もかなり魅力的。桜花賞組を倒して大波乱を演じれるか。

△クールキャット △ユーバーレーベン △ファインルージュ △アールドヴィーヴル △ステラリア ☆スルーセブンシーズ