安田記念(G1) 2021 予想

予想&結果

上半期のマイル王を決める安田記念(G1・3歳以上・芝1600m)。今年は、6つ目のビッグタイトルを狙う昨年の覇者グランアレグリアを筆頭に、マイル王への復権を目指すインディチャンプ、メンバー唯一の3歳馬シュネルマイスターなど豪華メンバーが集結した。

本命:グランアレグリア

今年のヴィクトリアマイルを勝利してG1・5勝目を挙げたグランアレグリアが大本命。1600mまでなら現役最強であることは疑いようがなく、馬っぷりと追われてからの迫力はやはりモノが違う。今回は前走から中2週でのレースとなるが、中間は在厩で攻めの調教より状態維持に努めており、前走と同じくらいのコンディションで出走できそうなのは一安心。G1・6勝目&安田記念連覇へ視界は良好だ。

対抗:ケイデンスコール

今年初戦の京都金杯を制して重賞2勝目を挙げ、続く中山記念では2着、安田記念の前哨戦・マイラーズCでは、急遽の鞍上交代劇にも動じず快勝し、満を持して大一番へ挑む。昨年は未勝利どころか馬券内ゼロと不振に陥り、早熟馬ではとの声が囁かれたが、5歳になって再び本来の走りを取り戻してきた。グランアレグリアとは未対戦でまだ勝負付けは済んでおらず、今の勢いなら立ち回り次第で逆転もありそう。

単穴:インディチャンプ

初のスプリント戦だった前走の高松宮記念では、上位2頭の決め手に屈したものの、一旦は先頭に立つ見せ場十分の内容。2019年に安田記念&マイルCSを制しているようにやはりマイル戦が適正舞台であるし、6歳になった今でも地力は健在。グランアレグリアには過去2戦2敗だが、得意舞台に戻る今回なら上位争いは濃厚だ。

☆ダノンプレミアム △サリオス △ラウダシオン △シュネルマイスター △カテドラル