鳴尾記念(G3) 2021 予想

予想&結果

宝塚記念(G1)へのステップレースとなる鳴尾記念(G3・3歳上・芝2000m)。初の中京開催となる今年は、重賞連勝を狙うサンレイポケット、有馬記念優勝馬ブラストワンピース、重賞タイトルへあと一歩のヒンドゥタイムズなどがエントリーしている。

本命:サトノソルタス

前走の新潟大賞典では、差し有利なハイペースを先行して3着に粘り改めて自力の高さを証明した。重賞勝利は未だないものの、昨年の金鯱賞で勝ち馬サートゥルナーリアに0.3秒差の2着に迫るなど能力は間違いなく、あとは少しの一押しがあれば初タイトルも近い。今回は年明け3戦目となり、使うごとに状態も上向いていて上積みはありそう。左回りでは大きく崩れておらず、鞍上に川田騎手を起用してきたことからも陣営の勝負気配は高い。

対抗:ヒンドゥタイムズ 

デビューから13戦全てで掲示板内に入る堅実なパフォーマンスを見せているヒンドゥタイムズ。重賞でも3着2回とあと一歩のところまで来ており、いつも通り約2ヶ月間隔を空けて挑む今回も状態は良好だ。年齢を重ねるごとに力をつけており、5歳になった今年はG1戦線での活躍が見たいところ。まずは鳴尾記念をしっかり勝ち取ってもらいたい。

単穴:サンレイポケット

前走の新潟大賞典を勝利して重賞初制覇を飾り、充実一途で2連勝を狙うサンレイポケット。昨年の毎日王冠では、G1馬サリオス相手に3着と善戦しているように古馬になってからグンと力をつけている。鳴尾記念と同舞台の中京芝2000mでは2勝しており、今回も前がある程度流れる展開なら最後はまとめて差し切るシーンが濃厚だ。

△アフリカンゴールド △ブラヴァス △ペプチドオーキッド △ワイプティアーズ 注ブラストワンピース